多汗症と手汗の関係

手のひら多汗症とは?

 

てのひらに汗をかくことは珍しいことではありませんよね。

 

例えば、野球やサッカーなどのスポーツを観戦したり、ホラー映画やアクション映画を見ていて手に汗をかいた経験は誰もがあることではないでしょうか。

 

「手に汗を握る」とはこういったことを言うのでしょう。

 

ただ、日常生活で常に汗をかいている状態を多汗症と言います。

 

多汗症は、手のひらや脇、足の裏などに通常より多く汗をかいてしまう状態を言うようです。

 

そして手のひら多汗症は、日常生活に支障をきたすほど手のひらに異常なまでに発汗してしまうものです。

 

なかには、手のひらから滴り落ちるほど汗が出る方もおられるそうで、歩いて手を振っているだけで汗が飛び散ったり、ノートなどが汗で破れたりふやけてしまったり、と言う方もおられるようです。

 

ある程度の年齢になって気がつくケースが多いのですが、本当はワカラナイだけで小さい頃から発症していることが多いようです。

 

 

このため、本人は気にしすぎてストレスになったりなど、精神的な負担がついてまわる事になります。

 

ただ単に汗っかきの体質というふうに軽く片付けてしまわないで、多汗症と向き合った治療や対策などをとり、上手に付き合っていくことが大切ではないでしょうか。

どうすれば手汗を抑えられるの?

手汗の原因と対策は?

手汗をかく原因として大きく分けて3種類あります。

温熱性発汗

これは体温が上昇するとともに発汗する現象で、夏の暑い時期であったり、お風呂に入ったり、スポーツや運動をしたりした最中や後に発汗します。
温熱性発汗の特徴として、体温を下げるための体の機能であって、臭いは少なく正常な体で見られる症状です。

 

精神性発汗

これは体温調整とは関係なく緊張や冷や汗など精神的な刺激から発刊する現象です。
精神性発汗の特徴として、べたついた汗が脇や手のひら・足の裏やおでこなどに出やすい症状です。

 

味覚性発汗

これは、辛いものや酸味の強いものを食べたときに発汗する現象で、ほぼ全身に汗をかきます。
味覚性発汗の特徴として、体温上昇に伴う発汗なので温熱性発汗同様、必要な機能による症状です。

 

このように手汗は、精神的発汗によるものであることが多く、完全に汗を止めることは難しいでしょう。

 

ただ止められないまでも、必要な時に汗を抑えることは可能です。

効き目と持続性が決め手!ファリネで快適生活!

汗を抑える制汗剤は、時と場面によってまた使い方にもよって非常に便利です。

  • スプレータイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • シートタイプ
  • パウダータイプ

 

よく知られているのがテレビCMなどでお馴染みのスプレータイプ。スプレータイプは主に脇専用のものが多い。

 

そしてクリームタイプやジェルタイプも脇専用のものが多く、臭いを抑えたり消したりとワキガ対策によく使用されます。

 

シートタイプは、汗を拭きとったり脇に貼ったりと使われていますが、持続性は期待できないでしょう。

 

パウダータイプでおススメは、手汗専用制汗パウダーファリネ。

 

ファリネは効き目はもちろん、持続性も優れていて2時間前後持ちますし長い方では4時間以上の持続性を体感されているようです。

また、無添加なので使った後の痒みや肌荒れも心配ないようです。

 

持続時間が短いと、仕事上の会議やプライベートのいろんなシーンでいつでも汗を気にしなくてはいけなくなり、精神的に快適とは言えません。

 

安価なものは効き目があっても痒くなったり、持続性が無かったり、お肌にあまり良くない意見も確認されていますので、長い目で見ると使わない方が良いかもしれません。

 

ただ、単品購入は割と高価なので、格安で購入できるファリネ公式サイトの割引メニューを上手に使いましょう。